MENU

レーザーでシミが消える理由について

レーザー光線は遠くまで行っても広がらず、エネルギーを維持するという特性を持っています。
この特性を利用したのがレーザー治療です。
レンズを使って一点に集中すると、ものを破壊する大きなエネルギーも作り出すことができます。
美容レーザーは、シミになっている異常な細胞だけに照射し、その細胞を破壊します。
この時、レーザーはメラニンの黒い色素だけに反応して、シミのないきれいな肌の部分には反応しませんので心配ありません。
細かく砕かれた細胞は数日でかさぶたとなり、自然と剥がれ落ちます。
剥がれ落ちたばかりの皮膚には赤みが残っていますが、1ヶ月程度で消えます。
個人差はありますが、2~3か月ほどで周囲の皮膚と同じようにきれいになります。
同じシミでもレーザーの効果のあるものとないものがあります。
そばかすや老人性色素斑などには有効で、治療後は再発しないように紫外線を避けて、日焼け止めなどで予防すれば大丈夫です。
しかし、肝斑などの女性ホルモンのバランスの乱れが原因の場合は、逆にレーザーが刺激となり悪化することがあります。
レーザー治療の前に、しっかりお医者さんに相談しましょう。